ホーム > 業務内容 > 「宇宙・医学・栄養学」誌

業務内容

「宇宙・医学・栄養学」誌

宇宙開発と医学・栄養学の架け橋を目指す「宇宙・医学・栄養学」誌

株式会社 コンパスは、株式会社 篠原出版新社様とともに、「宇宙・医学・栄養学」誌プロジェクトを進めています。

■Topics



「宇宙・医学・栄養学」創刊しました (2019年10月下旬)

「きぼう」有識者 永井良三先生(自治医科大学学長)メッセージ、 向井千秋 元・JAXA宇宙飛行士のインタビューをはじめ、 編集委員座談会、医学生の活動紹介など幅広い内容となっています。ぜひご覧ください。

表紙・目次を掲載したチラシはこちらから。

ご注文は篠原出版新社様で受け付けています。

また、インターネット(Amazon)からのご購入も可能です。

第2号は来年春の刊行を予定しています。ご期待ください。

■「宇宙・医学・栄養学」誌とは

私たちの暮らしは、天気予報や衛星中継など、宇宙を利用した技術と切り離せないものになってきました。また国際宇宙ステーションの建設を経て、月・火星への有人探査など、宇宙は本格利用の時代を迎えています。

しかし宇宙は重力がほとんどないため、筋肉や骨の低下が著しくなるなど、人体にとっては厳しい環境です。宇宙へ人類が本格的に進出するにあたって、健康をどう保つのか-この根本かつ大切なことについて、医学・栄養学の果たす役割が期待されています。

これらの課題を克服することは、同じく筋量低下や骨粗しょう症で悩む患者や高齢の方々への対策にも有用と言われています。

また、月や火星に常時人が滞在するためには、宇宙での食事も重要です。宇宙食の成分や容器、また現地栽培などを通じて得られた知見は、例えば、被災地など、地上での困難な環境にある中での食事など、その生活にも大きなヒントを与えるでしょう。

宇宙と医学・栄養学に関する研究は、基礎的かつ重要なものです。そしてそれが科学力の向上にもつながってくると考えております。そのためには、社会の理解・ご支援も必要で、そのためにも研究の成果や意義をわかりやすく、社会に伝える必要があります。

本誌は、二川健徳島大学教授(徳島大学 宇宙栄養研究センター長)を編集委員長に迎えた、宇宙と医学・栄養学に関連した貴重な研究を発信する、他に類をみない冊子です。

地道な研究の積み重ねが成果につながるこの分野を、宇宙開発に携わる方だけではなく、生活に関わる商品を開発している方、医学・栄養を学ぶ学生の方など多くの人の目に触れていただきたいと思います。

■「宇宙・医学・栄養学」誌について

編集委員長 二川 健(徳島大学宇宙栄養研究センターセンター長)

いよいよ有人宇宙探査、いわゆる21世紀の新しい宇宙大航海時代が幕を開けようとしています。

15世紀半ばに始まるヨーロッパの大航海時代では、遭難や難破、敵からの襲撃、壊血病や疫病感染などによって、乗組員の生還率は20%にも満たないほどでした。現在、無重力や宇宙放射線などの宇宙環境が人体に及ぼす影響などに関する情報は、15世紀とは比較しようもないほど発達しています。しかし、人類を火星に送るということは、人類史上、最大の出来事であり、私たちの有するすべての知識、資金をつぎ込むに値する事業といえましょう。そのような大事業に、我々は、医学と栄養学の面からサポートしたいと考えています。

「宇宙と医学・栄養学が、どのように関連するの?」と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。上述するように、過去の大航海時代では、乗組員の多くが、栄養素不足や感染症で亡くなりました。21世紀の宇宙大航海時代では、宇宙飛行士が、安全・安心して、火星で活動できるようにしなければなりません。そのためには、宇宙環境により起こりうる疾患(いわゆる宇宙病)と考えられる骨粗霧症、筋萎縮や放射線障害などを克服する医学の進歩が必須です。また、宇宙飛行士はロポットではありません。宇宙で栄養素不足に陥らないような食糧を供給することが不可欠です。

そして、火星を目指す宇宙開発とともに発達する医学・栄養学の研究は、現在の超高齢化社会で問題となっている骨粗暴症、筋萎縮の解決手段として、貢献することは間違いありません。

本誌は、人類が火星面に降り立ち、そこで生活できるようになるために役立つような情報誌を目指します。しかし、あまり専門的にならず、宇宙に興味を持つあらゆる方々に、楽 しくご購読いただき、誌上で議論できる場を提供したいと考えています。

■体制
編集委員長
二川 健先生
(徳島大学 宇宙栄養研究センター センター長)

編集委員(五十音順)
石見 佳子先生
(東京農業大学総合研究所教授)

大島 博先生
(JAXA客員研究員:元JAXA宇宙医学生物学研究室長、徳島大学客員教授、久留米大学客員教授)

橋 章先生
(徳島大学 大学院医歯薬学研究部・教授・予防環境栄養学)

松本 暁子先生
(JAXA宇宙飛行士運用管制ユニット フライトサージャン、東京医科歯科大学客員教授、徳島大学客員教授)

編集事務局
内田 貴之先生
(徳島大学 大学院医歯薬学研究部 助教)

発行:株式会社 篠原出版新社
企画協力:株式会社 コンパス

■フライヤー
「宇宙・医学・栄養学」誌フライヤーです。以下ロゴ募集なども記載されています。
※期日などは変更になることがありますので、不明点は末尾に記載の「お問い合わせ先」までお尋ねください。

■ロゴ募集
「宇宙・医学・栄養学」誌のロゴを募集します。デジタルで作成したもので、4色カラーです。募集要項を返送致します。メールでお問い合わせください。採用作品には、賞金を贈呈いたします。
連絡先:株式会社 篠原出版新社
info[at]shinoharashinsha.co.jp
※[at]を@に変えてお送りください。

■本誌購入
篠原出版新社ホームページにて、購入の受付をしております。
ご注文はこちらから
info[at]shinoharashinsha.co.jp
※[at]を@に変えてお送りください。

■協賛申込先・広告趣意書・個人の皆様からのご支援
協賛趣意書
媒体資料(フライヤー)
広告趣意書
をご覧の上、以下“お問い合わせ先”までお送りください。
※期日は変更になることもあります。

また、個人の方からのご協力も受付中です。 詳細はこちらをご覧ください。(クラウドファンディング|A-port 朝日新聞社)

■当方からのご連絡
・創刊号は、フライヤー記載の2019年8月から少し順延し、10月発刊を予定しております。

■お問い合わせ
「宇宙・医学・栄養学」誌 株式会社 コンパス内 編集事務局
TEL:03-5840-6131
FAX:03-5840-6130
smn[at]compass-tokyo.jp
※[at]を@に変えてお送りください。

このページの先頭へ戻る